ようこそ東京都森林事務所Webサイトへ

森林事務所の取組 東京の木多摩産材

多摩産材を使うことは、東京の森林の適切な手入れにつながります。
東京都では、多摩産材の利用促進に取り組んでいます。

多摩産材を使って森を育てよう

多摩産材を使うことは、東京の森林の適切な手入れにつながります。
暮らしのなかで使われる木材は、私たちに健康面や情緒面に良い影響を与えてくれます。
森林を健全な状態に維持するには、間伐などの適切な手入れが必要です。森林を育て、育った木を使って木材として利用し、得た収益を次の森林を育てる費用にあてる循環を保つことが大切です。
東京の木を使えばその収益が森林に還り、森林を育てることにつながるのです。
また、木材は大気中の二酸化炭素を取り込んだものなどで石油や石炭の代わりに使うことで、温暖化防止に貢献します。

森林事務所では、公共事業や公共施設をはじめ住宅などへの、多摩産材の利用推進に取り組んでいます。

「多摩産材」・「認証材」とは

東京都内の多摩地域で生育し、生産された木材を一般的に「多摩産材」と呼びます。
そのうち、多摩地域の適正に管理された森林から生産されたことが「多摩産材認証協議会」によって産地証明されたものが「認証材」となります。
「認証材」は、森林所有者から製材業者までの流通過程が登録した事業者によって行われるため、多摩産材の産地が確実に証明されます。

多摩産材認証協議会とは

森林所有者、素材生産業者、原木市場、製材業者、学識経験者、消費者団体、林業関連団体で組織しており、多摩産材の認証及び安定供給を目的として会を運営しています。
事務局は、東京都森林組合連合会(電話 042-597-2881)です。

多摩産材を購入するには

多摩産材認証協議会に登録している製材業者から購入できます。
登録されている事業者等は、東京都森林組合連合会公式サイトをご覧ください。
なお、購入時には「認証材」と指定してください。指定がない場合は証明書がつかない場合があります。

多摩産材を使った公共事業・公共施設

◎林道事業に多摩産材を利用しています

◎治山事業に多摩産材を利用しています

法面を保護するために、木製筋工を施工しています。
逆川復旧治山工事(奥多摩町)

コンクリート製の谷止めの型枠に、丸太を使いました。
小岩復旧治山工事(檜原村)

◎建築物に多摩産材を使用しています

東京都では、多摩産材を使った木造公共施設の整備を支援しています。

青梅市にある二俣尾保育園では、内装を木質化しました。
木はぬくもりがあり、見た目にも優しく、子供たちの快適な生活環境をつくります。

見学等については、電話で確認をしてください。

社会福祉法人 二俣尾保育園
青梅市二俣尾4-1067 電話0428-78-9466

多摩産材の遊具で遊ぶ

東京都内の保育園に、多摩産材を使った木製遊具を設置する支援を行いました。
(平成17年度から平成22年度まで)


古里保育園
(奥多摩町小丹波)


けやき台さくら保育園
(立川市若葉町)

多摩産材の木材で家を作る

◇家づくりについて知りたい方

東京都は多摩産の木材の普及活動を支援しています。

これらの木材関連団体では、多摩の木材を使った住宅建築に関する学習会や現場見学会などを開催していますので、お問い合わせください。

◇優遇融資制度について知りたい方

東京の木・いえづくり協議会会員が建築に関わり、東京の木(多摩産材)を50%以上使う等の条件に合えば、優遇融資を受けられます。
詳しくは、お問い合わせください。

多摩産材の普及PR活動

東京都では、多摩産材の普及PR活動を支援しています。

◎多摩産材モデルハウス

多摩産材を使用した施設でPR活動を行っています。見学ご希望の際は、HPなどでご確認の上、実施団体と連絡をお取りください。

1.多摩産材モデルハウス(あきる野市)
秋川木材協同組合

2.多摩産材モデルハウス(日の出町)
東京木質資源活用協議会
(お問い合わせ先:東京の木で家を造る会

◎普及啓発活動

様々なイベントで多摩産材のPR活動を行ったり、木質バイオマスのセミナー等を開催しています。

木と暮しのふれあい展
(都立木場公園、平成23年10月)

とうきょうの森と木のエキシビション
(国営昭和記念公園、平成23年11月)

木質バイオマスセミナー「東京の森林バイオマスエネルギー利用の最新動向」
(青梅市総合体育館、平成23年12月)

ページのトップに戻る

Copyright(c)2004 TokyoForestryOffice All Rights Reserved.